読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想像ドロップ

憧れは、恋から遠く。

Love‐tuneのメンバーに歌って欲しい邦楽ラブソング(真田・森田・長妻 編)

 

前回の記事をTwitterにリンクしたところ予想だにしていなかったファボリツイートをしていただいたので「これは早めに残りのメンバーの記事を書かなければ」ということで、ちょうどバイトがなかったこともありこのように新しいマイパソ(詳細は前回の記事参照)にむかって頭を働かせている。

 

前回の記事はこちら

kenkoudaiichi1107.hatenablog.com

 

二回にわたってお送りしているテーマについて簡単におさらいしてみる。

 

「Love‐tuneのメンバーに歌って欲しい邦楽ラブソング」

そのままである。

私が勝手に7人それぞれに歌って欲しい曲を選んで曲を紹介していく、というなんの面白みもなく、なんの役にも立たない内容だ。そしてまだ人生経験の足りない18の小娘女子大生がこの記事を書いているため文章がおかしいことがよくある。「これは危険だ」と思った方は今すぐ引き返してほしい。これだけ注意喚起してもここにとどまってくれる方、ありがとうございます。私のしょうもない妄想に付き合う準備はできてるか?できてる奴ぷちょへんざっぷ!!イエーイ!!(私はウェイ系女子大生ではありません)

 

 

ってことでさっそく、

 

 

〇真田佑馬〇

スターフィッシュELLEGARDEN

http://www.uta-net.com/song/45935/

https://www.youtube.com/watch?v=mH0hdhKrhsk

 

私の人生(18年)に多大なる影響を与えてきたバンELLEGARDEN。彼らが、彼らの音楽が存在していなかったら乗り越えられなかったことが私にはたくさんある。そして楽器を始めることもなかったと思う。萩谷くんを、Love‐tuneを好きになることはなかったかもしれない。それくらい私の中で彼らは大きな存在だ。

邦ロック、パンクを聴く10代後半~の世代はきっと一度は聞いたことがあるといえるであろうELLEGARDEN。そんな彼らの曲の中でも人気上位のスターフィッシュはLove‐tuneイチ熱い男さなぴに歌ってもらいたいし演奏してもらいたい。前奏から鳥肌が立つほど力強く熱いメロディーと熱い歌詞はさなぴのイメージにぴったりだ。

 

こんな星の夜は

全てを投げ出したって

どうしても

君に会いたいと思った

こんな星の夜は

君がいてくれたなら

何を話そう とか

 

伝わるだろうか、この「真田感」。完全に主観だが真田くんは動物的な恋愛模様を繰り広げそうと私は考えている。というか勝手に人格形成してしまっている。「好きなら、彼氏がいようが別に好きな人がいようが関係ないんだ、だって好きなんだもん」恋愛をしそうだな、というかそうであってほしいなと勝手に考えている。スターフィッシュでいうと

「こんな星の夜は全てを投げ出したってどうしても君に会いたいと思った」

の部分で私の考える「真田感」が顕著に出ている。

『今夜流星群群がみえるらしい。今ジュニア祭り大阪終わったからさこれから新幹線ですぐ東京戻るからさ、お前の家に車で迎え行くから星が綺麗にみえる場所つれてってやるよ。え?明日朝早いんでしょ?ってか?そんなん関係ないよ、俺は今日お前と見たいんだって』

とか言いそうではないかもしれないけど、まあこんな具合である。突拍子もなく突然夜中に強引に連れ出してくれそうな匂いがする。萩谷くんなら絶対しない。萩谷くんはプラネタリウムで快適かつ多くの星を確実に見ることを提案しそう。

さなぴはメンバーから「たまにとんでもない構成の意見を出してくることがある。」と言われていた。何度か雑誌でこのようなことが話題になっていたと思う。そこから私はこの「真田感」を導きだした(ただの妄想)。そんな真田佑馬くんにはぜひスターフィッシュをギター弾きながら頭飛んでくくらいフリフリしながら歌って頂きたい。そしてその姿に軽率に恋に落ちるんだ。(黙れ)

 

さすがリア恋枠、解説がとてつもなく長くなってしまった。

 

 

 

長妻怜央

secret base~君がくれたもの~/ZONE

http://www.uta-net.com/song/13699/

 

長妻くんはかなり曲選びに時間を要した。キャラがまだ掴めていないからだ。最初に長妻くんを知り始めたころ(3年前くらいか)はただただ「ヤバい奴」という印象だったが担当の萩谷くんとの絡みがでてきたり、Love‐tuneが結成されてからは「あれ、割と周りが見えて、意外と空気読める子なのかな、、、しかも岸くん並のいい奴感!!」と思わされる場面に何回も出会った。でも発言が的外れだったり、その的外れな発言をなんのためらいもなく言う長妻くんに度肝を抜かれたり、、、と頭が長妻怜央に追いつかない状況は今も続いている。

そんな長妻くんに悩んで悩んで悩んでたどり着いた曲が「serect base~君がくれたもの~」だ。初めに言っておくがこの曲はおそらくラブソングではないと思う。転校する仲の良かった親友の別れを惜しむキラキラした青春、どちらかと言うと、少年時代について歌った曲だと思うし、PVも二人の少年を軸に描かれている。

でも私はこの曲を長妻くんに歌って欲しい。ここからは私の勝手な妄想タイムがはじまるが、ここで描かれているふたりを長妻怜央と幼馴染の初恋の相手の女の子と考えたらどうだ。一気に長妻くんのピュアで純粋で世の中の闇とか知らなそうな(実は知ってるけどそれは自分のなかにグッと閉じ込めてキャラを守ってたりしたら変な意味じゃなく抱きしめてあげたくなる)イメージにピタッと一致してくる。転校してしまった懐かしい幼馴染の初恋の女の子を思いながら普段はうるさい(失礼)長妻くんがセンチメンタルにこの曲を歌ってたら最高だ。どこかで会えたらいいな、覚えてるかなってしばらく考えて込んでしまい顕嵐くんに「ガットゥーマどうしたの?」って心配されててほしい。「今日の夜ご飯何かなって考えてた(笑)」と意外と周りが見れて空気が読めるいい奴長妻くんはいつもみたいにニコニコ笑う、きっと。

 

曲のあてはめのはずが、私の勝手で下世話な妄想を展開する回になってきた。長妻くんはここらで店じまい。ありがとう、長妻怜央

 

 

~番外編~

君のまま/UVERworld

http://www.uta-net.com/song/93455/

 

長妻くんは雑誌でUVERworldが好きと言っていたので、UVERからも一曲選んでみた。「serect base~君がくれたもの~」が少年時代の別れだとしたら「君のまま」は青春時代の別れの歌と言っていいと思う。優しいメロディーと切ない歌詞がすごく素敵な曲だ。前向きな別れを歌っているので聴いたことがない人がいたらぜひ聴いて欲しい一曲だ。

私は前担の金内柊真くんがジュニアをやめたときこの曲を聴きまくっていた。という無駄情報をひとつ置いていきます。

 

 

 

 

〇森田美勇人〇

LOVE/Mr.children

 http://www.uta-net.com/song/5795/

 

悩んだ時間が一番長かった美勇人くん。私の大好きなMr.childrenの「LOVE」に落ち着いた。この曲はミスチルファンの中でも人気の高い曲だと思う。友達以上恋人未満で恋人になる気はお互いないし、お互いに愛する相手がいるんだけど、恋じゃないけどでもなんだか気に食わないしもやもやする、、、そんな気持ちもあってもいいよね?という歌(かなり単純に説明しているし、本当はもっと深いと思うがここではわかりやすさを重視した)。

 

見なれない そのピアスのせいなのかな?

ちょっとだけキレイだよ

 

 

気がつけば いつの間に巻き込まれてる

いつも君のペース だけど楽しくて

 

 

振り向けば 心の隅に君がいて

I want smiling your face いつもそれだけで

投げやりな気持ちが空に消えていくよ

でも‘愛してる‘とは違ってる

 

 

また私の勝手な美勇人くんへの願望なのだが「女の子に振り回されていてほしい」「振り回されてちょっとうれしそうにしていて欲しい」という2つがあってそれが見事にマッチしていて美勇人くんの優しくて穏やかで若干ヘタレなとことがこの曲に合っていると思う。

だが、よく考えてみると美勇人くんは本当に強い人だと思う。幼いころからジャニーズをやってきてここまで努力して這い上がってきたこと。自分の武器のダンスを貪欲に探究し上を目指し続けていること。ベースのレベルを上げるために忙しい合間をぬって練習し、ボイストレーニングまでするプロ意識。2つのグループの両立という精神的にも身体的にもきついことを両ユニット共に責任と誇りをもってどちらも100の力で魅せ続けてくれていること。たくさん傷つきつらいことも経験しながら、自らの青春をジャニーズに捧げてきてくれたこと。

美勇人くんは本当にすごい人だ。

私は、Love‐tuneを応援している。でももし、美勇人くんが決断をしたとしても私は何も言えない。美勇人くんの今までのたくさんの葛藤や努力が分かる気がするからだ。

でもこれだけは言える。私はどんな森田美勇人くんも大好きだ。このことだけはずっと変わらない。

 

 

 

 

 

 

なんだか最後はテーマに沿っていない話をダラダラとしてしまった気がするが、これで終わりたいと思う。

なかなかの体力をつかった、、、けれどこうやって考えたことや日々の妄想を書き残しておくのは楽しい。

また、まとまった時間ができたり、いいネタが見つかったら書きたいと思う。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

ではまた、

 

Love‐tuneのメンバーに歌って欲しい邦楽ラブソング(顕嵐・安井・萩谷・諸星 編)

 

 

 

 

 

久しぶりの更新になってしまった。

かといって今回も果てしなく需要がないと思われる記事を懲りずに書こうと思う。

それにあたって、お気づきの方もいるかと思うが、今回から文体を「~です。~ます。」調から「~である。~だ。」調に変更してみた。これといった理由というのは無くただの私の気分である。私はとても気分屋なところが昔からある(知らんがな)。

 

 

そしてもうひとつ、どうでもいい報告をさせて頂きたい。

今までの2つの記事は(といってもまだ2つしか記事がないじゃないか!というまっとうな意見を持つ方がいらっしゃると思うが、その件に関しては元陸上部の私の俊足(?)でかわさせていただきたい)スマートフォンのアプリで書いていたのだが、この記事はパソコンで書いている。ほら、どうでもいい。けれどこれは私がずっと待ち望んでいたことであった。私はこの春高校を卒業し晴れて大学生になった。夢にまで見た人生の夏休みの到来である。それに伴って私ははじめての「マイパソ」を両親に買って頂いた。受験勉強のモチベーションの一つであった

 

「マイパソではてなブログを自由に更新」

 

が叶った瞬間である。そして面倒な初期設定はすべて家電量販店のお兄さんにお金を払ってお任せし、家にパソコンが届いてすぐ、こうして記事を書いている。本当にお兄さんには頭が上がらない。ありがとう、藤原竜也似の鈴木さん。

 

 

前置きがダラダラと長くなってしまうのは私の悪い癖である。この時点であれだけ心待ちにしていた「パソコンではてなブログ更新」に対して飽きかけているから人間は難しい。完全に飽ききってしまわぬうちに本題に入りたいと思う。

 

 

 

今回のテーマはお題にもある通り

 

「Love‐tuneに歌って欲しい邦楽ラブソング」

 

である。

、、、そのままである。

本当はなぜこのテーマで書こうとしているのかを語りたいところだが、また長くなってしまうし、私が飽きてきてしまうということもあり今回は省略させていただきたい。

 

今回の記事の概要としては、

 

7人それぞれに「歌って欲しい」「この歌は絶対に○○君に合う」と思う邦楽ラブソング(ラブソングではない場合もあるかも)を個人的な見解で勝手に選んでみたものをお知らせする

 

 

という感じである。とてもゆるい。そしてわざわざブログとして公開するのをためらうくらいにしょうもない。が、私の日々の妄想の記録として残すことを許してほしい。

 

もし気に入った曲があればユー〇ューブなどで聴いてもらえたら嬉しい。ブログ冥利につきる。

 

 

では、さっそく。

 

 

 

 

阿部顕嵐

美しい名前/THE BACK HORN

http://www.uta-net.com/song/52036/

 

THE BACK HORNの美しい名前は多分邦ロック好きな方にとっては定番と言える曲だと思う。ストレートに思いが表現されている歌詞とシンプルな楽器の構成が切なさや哀しさを連想させるメロディーに絶妙にマッチしているこの曲が私は大好きだ。

私は阿部顕嵐くんに対して、勝手にあるイメージを持っている。影があり闇を持つ黒のイメージだ。そのイメージとこの曲のメロディーが本当にピッタリと重なるのだ。

そして私は阿部顕嵐くんに対してもう一つ別のイメージを持っている。それが、穢れとか世の中の理不尽さを全く知らない純潔な白のイメージである。そのもう一つの阿部顕嵐像にこの美しい名前の歌詞が重なって見えるのである。

 

今頃気づいたんだ

君のその名前がとても美しいということ

 

というストレートでありながらも切なく綺麗で、それでいて深い悲しみを感じさせるフレーズを顕嵐くんが歌ったらどうなるんだろう、どういう表情で、どういう感情をのせて歌ってくれるんだろう、、、とこの曲を聴くたびに考えてしまう。

そして、阿部顕嵐という名前が美しいというしょうもなとしかいえない理由も密かに私の中では存在している。

 

~番外編~

UVERworld/マダラ蝶

http://www.uta-net.com/song/82191/

ART‐SCHOOL/スカーレット

http://j-lyric.net/artist/a0449dc/l01183a.html

 

も顕嵐くんに歌って欲しいと思う。カラオケで歌って欲しいとかでなく照明や音響がしっかりしていて演出もちゃんとあってオリジナル衣装を着てカバーする顕嵐くんが本当に見たい。ただの私の願望である。

 

 

 

安井謙太郎

AM11:00/HY

http://www.uta-net.com/song/17273/

 

安井くんは比較的早い段階でAM11:00に私の中で決まっていたし、なんならこの曲が流れた安井くんの車でドライブデートするところまで私は妄想できている。反論や妄想に対する批判は受け付けないスタンスをとっているので、みなさん心に秘めてぐっとこらえてね(うるさい)。

この曲は普段あまり音楽を聴かない人でも聴けば「ああ!知ってる!」となる曲だと思う。Mステなんかの特集で何回か流れたこともあるはずだ。

この曲を安井くんに選んだ理由はただひとつ。

 

爆モテ感

 

それに尽きる。ジャニーズjrで爆モテ感がすごい、爆モテファンサと各方面から絶賛されている人は何人かいるが、私個人の意見として安井謙太郎は最強だと思っている。

見た目も動きも声もすごく可愛いのにもかかわらず、彼はすごく「男子」である。言い方に少し違和感があるが、彼はすごく「男子」なのだ。「男の子」でもなく「男」でもない。安井くんのなんともいえない「男子」感にこのAM11:00という曲は絶妙にマッチしているように思える。聞いたらわかると思う。どれだけ安井くんにマッチしているのかが(強気)。

解放感あふれるさわやかな夏っぽいメロディーも最高に安井くんだ。爽やかで疾走感のある曲調が彼は似合う。

デビューすればいつかはオリジナルのソロ曲を歌う日がくるだろう。そのときはこんな爽やかなラブソングが聞けたら、、、とLove‐tuneが連れて行ってくれるという未来を心待ちにしている。

 

ちなみに、安井くん担の方に安井くんが歌っていると特に妄想して聞いて欲しいのはAM11:00の歌詞はラップ後の

 

でも君が好き

 

である。何人の安井くんのオンナ倒れるのか見守りたいと思う。

 

 

~番外編~

夜明けのブレス/チェッカーズ

http://www.uta-net.com/song/4733/

 

一応言っておくが、私は今年19歳になる現在18歳の大学1年生である。が、この曲は本当に素敵な曲だと思うしいつか運命の相手に出会ったときに、その男性がこの曲を歌ってくれたら、、、と何度も妄想したことがある。私の妄想界での十八番である。その妄想界の十八番ともいえるこの曲を安井くんに歌わせたいと思ってしまう自分に、お前は萩谷担だろう?と問いたい。私は安井くんに甘いところがある。単純に好きなのだ。

 

 

君のことを守りたい

そのすべてを守りたい

君を生きる証にしよう

誰のためでもなく

 

安井くんがスタンドマイクを両手でグッと引き寄せながら少しセクシーでハスキーな鼻にかかるあの声で歌うところ想像しただけで飯3倍は余裕。

 

 

 

 

萩谷慧悟

恋文/Every Little Thing

http://www.uta-net.com/song/21130/

 

我担当萩谷くんは恋文一択だった。彼には女性ボーカルが歌う男性目線のラブソングが似合うと思うからだ。暖かくて優しい柔らかな雰囲気に曲が彼は似合う。それでいて「愛してる」「好き」など直接的な言葉の入っていない歌詞のものを個人的に歌って欲しいと思っていたので、この曲を選んだ。

 

僕のためといって

君がついた嘘なら

僕にとってそれは本当で

 

というフレーズになんともいえない「萩谷感」を感じてしまう。このフレーズには優しさや、その優しさを支えるベースの強さを感じる。このフレーズだけでなく、この曲の全体を見ても私は優しさと強さを感じる。そのイメージがまさに「萩谷慧悟」つまり「萩谷感」を感じさせる(あくまでも私にとっては)。萩谷くんは周りの仲間から「萩ちゃんはブレない」と言われているように、一本の太い芯がまっすぐに通っているタイプのように思える。そんな萩谷くんには「恋文」のような優しい歌詞だけどどこかあたたかな強さが感じられる曲が似合うと思う。

 

 

 

諸星翔希

 涙のふたり/little voice

http://www.uta-net.com/song/191216/

 

諸星くんも早い段階で決まっていた。諸星くんがこの曲を歌ったらと想像するだけでなんだか泣きそうになる。なんてったって歌詞が良すぎる。諸星くんは萩谷くんとは逆にストレートな言葉で表現するのが諸星翔希と誠に勝手ではあるが私の中で決まっていたので、この曲は何としてでも諸星くんに!とずっと思っていた。1番の歌詞は男性目線で書かれている歌詞なので諸星くんに歌って頂いて、私が2番の女性目線の歌詞を歌って最後のサビは一緒に歌いたい。という本当にしょうもない妄想をも繰り広げていたりする。

 

歌詞を抜粋してここの歌詞が諸星くんにピッタリ!!と紹介したいところだが、なにしろ曲自体に諸星翔希感を感じてしまうため、抜粋することができない、、、

 

涙のふたりは、いま

約束の20時半

つよくやさしく抱きしめて

ずっとずっとはなさないよ

 

ずっとずっとはなさないんだ

 

 

一番好きなラストのサビの部分を紹介するだけに留めたいと思う。

リアルにらぶメンの7人が目の前に現れた時に好きになるのは諸星くんだと思うから(どうでもいい)どうしても願望が全面的に出てしまう。リアルに考えてしまう。諸星、寺西、ななせ でカラオケに行くことを妄想してしまう。自分でも自分はなんて気持ちの悪い女なんだろう、と思っている。だから許してください、、、

 

 

~番外編~

トワイライト/GOING UNDER GROUND

http://www.uta-net.com/song/18215/

 

歌詞が詩的でストレートではないが、何となく諸星翔希感がある、と思う。いつもはお調子者な諸星くんが同じゼミ生とカラオケ会をしたときに、こんなしっとりとしたアンニュイでノスタルジーな曲を入れて、あのクリスタルボイスで歌ったら最高。綺麗な横顔と真剣なまなざしに軽率に恋に落ちたい。謎の妄想が始まったので諸星翔希強制終了。

 

 

 

 

 

私の頭の限界が来てしまったので、真田・森田・長妻はまた今度書きたいと思う。

私は無類の音楽好きなので、大好きな音楽と大好きなLove‐tuneを同時に考えていられるこの記事を書くのが本当に楽しい。残りの3人を書き終えたら洋楽でやってみるとか、特定のアーティストの曲に絞ってやってみたい、と思う。

 

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございました。できるだけ早く残りの3人もアップしたいと思います。

ではまた、

ジャニヲタ自己紹介バトンやってみた

 

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

【名前】

ななせ

本名ではないです。両親が私に名前をつける時に候補だった名前を使ってジャニヲタやってます。いうなれば却下された方です( 笑 )

乃木坂の西野七瀬さんは全く意識してません、あんな可愛くありません、ツライ。←

【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】
名前:萩谷慧悟くん


好きなところ:本人は無意識かもしれないけれど、相当ファンを楽しませてくれるところ。

真面目な好青年現役大学生の萩谷慧悟。音楽大好きサブカル大好き文系男子萩谷慧悟。数々の楽器を弾きこなすが、やっぱりドラムに落ち着きLove-tuneを引っ張るアーティスト萩谷慧悟。決して得意ではないダンスを一生懸命練習してしなやかに柔らかく、ちょっと女性的に踊る努力家萩谷慧悟。カメラ大好きでついつい見つけてカメラ目線しちゃうお茶目な萩谷慧悟。 時たま見せる謎の動きや奇声で周りから変人と呼ばれるパギヤくん。コンサートでのファンサービスで確実にファンを増やし、堕としていくアイドル萩谷慧悟

どれだけ萩谷くんを追ってもまだ見えていない萩谷慧悟がいるんじゃないかという好奇心が私の萩谷くんを追う原動力です。新たな萩谷慧悟を見たい→本人も分かっていない新たな萩谷慧悟を引き出してあげたい→そのためにはどんどん萩谷くんが活躍できる場所を増やさなきゃいけない→ずっと応援していきたい→貢ごう

 

まあ、そういことです。所詮わたしはこんなもんです。貢ぐことが愛となってしまうんです。でもお金だけじゃなくて萩谷くんのこと、本当に大好きです。アイドルとしてね!

 


担当になったきっかけ:少クラでジャニーズJrっていう括りで歌っていたLuv Sickの萩谷くんに一瞬で堕ちました。

 

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

中学2年生のときからです。仲のいい友達がKAT-TUNの上田くん担で、興味本位でCDを借りたのが悪かった。中丸雄一様に即堕ちました…

 

【担当遍歴】

中丸雄一(KAT-TUN)←ゆるっと継続中

金内柊真→萩谷慧悟

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

 萩安

 

語るまでもないよ、ふたりは宇宙!私のエーテル!!!(うるさい)

 

【1番心に残ってる現場】

Kis-My-Ft2  Kis-My-Journey  東京ドーム

(忘れもしない、萩谷くんを初めてこの目で確認した公演)

 

【初めて行った現場】

嵐  5×10   (ジャニヲタになる前、あの嵐先生に対する興味0時代)

 

【最近行った現場】

Jr祭り 横浜アリーナ

 

【次行く現場】

Jr祭り 大阪城ホール 

 

【記憶に残ってるファンサ】

Jr祭で萩谷くんから頂いた、指差し→うんうん頷く→バーン→ウインク

死ぬかとおもた。あれだけ長い時間目が合い続けたのははじめてだぜ…その後も通る度にお手振りしてくれて、どれだけ優しいのこの人…と思いましたね。なんだかあの日からお肌の調子がすこぶるいいので恋をすると綺麗になるってあながち間違ってないなって思いました(うるさい)。

 

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

KAT-TUNの曲なら全部好きなんですけど、トータルし選ぶとしたら…

1.僕らの街で(KAT-TUN)

小田和正さんが作詞作曲のバラード曲。イントロだけで私は泣きます。亀梨くん主演のドラマ「たったひとつの恋」の主題歌。切ない歌詞と切ないメロディーがもう何とも言えなくて…。

歌の上手なLove-tuneはこういうバラード曲も絶対似合うと思う!歌って欲しいなあ…デビューしてこういうバラード曲をカップリングでもいいから聴ける日をずっと待っているよ!らぶのみんな!!!

 

2.White X’mas(KAT-TUN)

本当に切ない歌詞なんだよ、本当に切ないメロディーなんだよ…こういうがっつり誰かを思っていると感じさせる歌詞(しかも影とか後悔とか何か大きな闇が落ちた恋愛についてをうたっているもの)をジャニーズタレントが歌うっていうのが個人的にすごく好きで、だからこの曲は本当に私のツボなんです。Love-tuneだったら顕嵐くん辺りがすごく似合いそう、こういう曲調と詞がしっくりくる。

 

3.Good-bye,Thank you(Kis-My-Ft2)

何て素敵な歌詞なんだ!こうやって思ってくれる男の子がいたらいいのに!とキュンとしながらもホロッときちゃうそんな歌です。恋人との別れを歌った歌だと思うんですけど、「ありがとう」っていう気持ちがすごくストレートに表現されていて心が暖かくなります。でもやっぱり「夢でもいいからもう1度会いたいよ」っていう素直な気持ちが最後に見えるんですよね。胸がキュッて締め付けられる感じがします。それをKis-My-Ft2っていうリア恋爆発集団が歌うわけです、落ちないわけないです。コンサートのアンコールの最後で歌うことが多くてみんなそれぞれアレンジしたTシャツにグッズのクマさんなんか付けて優しそうに微笑みながら歌うキスマイさん見ると本当に素敵なグループだなと思います。

 

他にもA.B.C-ZのVanillaとか、KAT-TUNのNEVER AGAINとかもう本当にいい曲ばかり!ジャニーズはビジュアルだけじゃなくて曲も凄くいいんだよって主張したいです。

 

【1番好きなペンライト】

KAT-TUNの10周年のときの、ピストル( 笑 )

荷物検査にひっかかるハイフンさんが出たのには懐かしさを感じました( 笑 ) 

 

【1番好きな衣装】

衣装というか、萩谷くんがベレー帽被ってるのを見るとご飯食べなくても生きていける気がします。ベレー帽があんなに似合う男子なかなかいないと思うよ、萩ちゃん!!!!!

 

【よく買う雑誌】

ドル誌は基本的には買いません!萩谷くんのビジュかもうこれ以上はない!と思えるくらいいい時や、テキストがハイパースーパーミラクル面白い時以外は我慢します。キリがないので!でも中丸くんが表紙のやつは買っちゃいます…。

ファッション誌は大好きなので、毎月何かしらは買います。ファッションのお手本にしているのはViViで(八木アリサちゃん大好き)必ず毎月買いますし、クリエイター系の職業に興味があるので装苑も毎月愛読してます◎

ダヴィンチも企画か面白い時や、好きな作家さんの特集が組まれている時は買います!

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

 Love-tuneのmasterpiece見ないで死ぬのだけはオススメしないので、死ぬ前にチェックしましょう。

 

【ジャニヲタになる前の趣味は?】

今もだけど、邦ロックが好きでフェスとかライブとかにお金かけてました。今も多少は行くけどジャニーズの比重のほうが全然重いです。好きなのは、Mr.ChildrenNICO Touches the Walls、ELLEGARDEN  などなど。

基本的に音楽が好きなのでオールジャンル聞きます。洋楽もEDMもアニソンも。割と何でも多少は話せると思います!韓国以外なら!( 笑 )

 

【最近気になっている子】

 和田優希くん(東京Jr)

ただ単に顔がかっこいいと思うから( 笑 )

まだまだ何も分からないので勉強したいと思います!!

【最後に一言!】

拙い文章で本当に読みにくい…

自分の文章力が他の方にくらべて著しく欠如しているのを感じました、語彙力の前に、助詞に厳しいものがあるので小学生からやり直す必要があると感じました…

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Love-tuneとバイト

はじめまして、ななせです!

何となくですが、はてなブログを始めてみました!前からジャニヲタさんの書いたブログを読むのがすごく好きだったので、ノリで足を踏み入れてしまった感じです…( 笑 )

私の勝手な妄想を垂れ流したり、流行りのお題に乗ってみたりしたいと思っていますが、次の記事が更新されるのかは全くの未知です。

なんせ私は飽き性です(知らんがな)。

 

それではさっそく。

 

需要があるかと聞かれると、全く無いですと答えたくなるような話になってしまうのですが…

題して「Love-tuneとバイト」!!!!

頭の中に???が綺麗に並んだところで、詳しく説明しますと…Love-tuneのメンバーがバイトをするなら、それぞれ何処で何をやっていそうか  ということを私が勝手に妄想するという訳です( 笑 )   ほら、需要ない!( 笑 )

でも妄想って楽しいので、此処に記録用として残させて頂きます…しばしお付き合いを。

 

 

◎森田美勇人

美勇人くんは、絶対アパレル関係!これはきっと本人も納得だし美勇人くん担当の方も納得でしょう!

できれば古着屋がいいなあ。男性ものだけでなく女性ものも扱ってるような個人経営のお店。

店長さんのダンディーなおじさん(私の中ではリリーフランキーさんモデル)に可愛がられてて長く働いている。大学生じゃなくて服飾系の専門学生さんで超センスいい美勇人くんだから店長のリリー(勝手に)も絶大な信頼を置いてる。でも発注とかそういう事務仕事は苦手で店長の奥さんからいつもお叱りを受けてたら可愛い。美勇人くん目当てでお店にくる女の子も結構いて、それを店長にからかわれて照れててほしい。おしゃれな古着屋のかっこいい店員さんってヒルナンデスとかで紹介されてれば最高。ポンコツがバレちゃってアタフタしてるのをTV越しに見てしまって私は完全にノックアウトです。KO!!!!

 

 

◎真田佑馬

さなぴは多分、楽器屋さん。これまた個人経営でバンドマンからの信頼の厚い楽器屋さんで大学生のさなぴはバイトしてる。さなぴも実際に中学のときにこの店で初めてのギターを買っていて、店長(お馴染みリリーフランキーモデル)のことをとてもリスペクトしてる師弟関係みたいなのがあると凄くいい。近くの高校の軽音部の子たちが練習終わりに店に来るのを毎日楽しみに待ってて店先でセッションとかしてたら神だね。それで高校生にアイスバーとか奢ってあげてたら泣けるよ。瓶ビールのケースに座って、高校生の悩みを真剣に聞いてあげて、熱く語り合うさなぴは、彼らにとって憧れの兄貴なのです。ああ萌える、さすがわたしのリア恋枠(知らんがな)!!

 

 

阿部顕嵐

高級ホテルの最上階にあるビリヤードバーみたいなところで白シャツに黒いベストに黒い細身のパンツでバイトしててほしい。実はまだ大学2年生で未成年のくせに、年齢偽ってバイトしてる顕嵐くん。お店に来たビリヤード初心者のお客さんにイケボでササッとやり方を教えちゃうから、女性客はイチコロです。けどしっかりそこも計算済みで、言い寄ってきた女性客はサラッとあしらっていてほしい。ってかあしらわれたい(土下座)。でも彼女はいない。そういうリアルな恋愛になると、途端にぶきっちょ顕嵐くんが発症して何も出来なくなっちゃう!的なの下さい。可愛いかよ。顔面偏差値高すぎるゆえに、逆に女の子が寄ってこないってのも原因だね、イケメンも大変だ。

今更だけど、顕嵐くんはコンビニバイトもありだな。あんなイケメンがだるそうに深夜コンビニバイトしてたら超萌える(わたしだけかな)…。

 

 

長妻怜央

高校生のナガツマンは、近所の商店街の八百屋さんでバイトしてる。喫茶店とかやらないあたりが私的ナガツマンポイント!爽やかでいい意味でアホなナガツマンは店主夫婦にべらぼうに愛されてて、本当の息子のようになっている。買い物客の常連のおばさま方にも大人気で、旅行の土産とかお隣さんからもらった饅頭とかナガツマンに全部あげてる。それが本当に嬉しくて喜びを体全部で表現したあとに、その場で食べちゃうナガツマンだから長妻株は常に右肩上がり!そんなナガツマンにも、やっぱり恋というものは存在していて…お相手は八百屋さん店主夫婦の一人娘。でもナガツマンの片想い。俺は好きな子が幸せだったらそれでいいんだ!ってリアルに思ってるから彼氏と上手くいっているのを素直に喜んでる。アホだなあ、性格良すぎかよ。ナガツマンだと妄想いくらでも広がるのはなぜだろう、楽しい( 笑 )

 

 

安井謙太郎

これはもう決まってる。私の中では決定事項なんだよ!反論は聞かねえよ!( 笑 )

家庭教師バイトだわ…安井謙太郎さんは絶対コレだよ。謙ちゃん先生って呼ばれてて、教えるのも、親御さんとの関係の築き方も上手いって有名な人気の先生。今は男子高校生1人と女子高校生1人を受け持ってる。男子高校生からは超絶リスペクトされてて謙ちゃん先生は、少し戸惑いながらも内心嬉しい。勉強以外にも部活や恋愛の相談も乗っちゃう頼れる兄貴感!生徒が謙ちゃん先生と一緒の大学目指すんだ!とか言い出したら謙ちゃん先生は多分「自分の本当に行きたいところ目指さなきゃだめだぞ?いいのか?」ってちゃんと諭すんだけと、やっぱり内心かなり嬉しい。「俺本当に行きたいんだ!謙ちゃん先生みたいな男になるんだもんね〜」とか言われちゃってニヤニヤしてほしい。可愛い。←

女子高校生の生徒とは、みなさんが期待してるような関係、展開は無く(うるさい)いたって清純な先生と生徒の関係。まあ女子高校生が女子高校生でなくなってからは、知りませんが♡

なんか変なモード入ったんで謙ちゃん先生終了。( 笑 )

 

 

諸星翔希

モロが1番想像しずらかったけど、多分引越し屋さんバイトだな。「俺、ダイエットする!」とか言って始めてそう。すでに可愛い。でも動いたぶんだけお腹が減っちゃうってこと忘れてる。「動いたからいいんすよ、カロリープラマイゼロっすから!」とか言って、もう目的忘れちゃってるみたいなの欲しい。同僚の学生とか、社員さんとかからもいじられてて、とっても愛されてるモロ。社員さんが買ってくれた栄養ドリンクを喉をごくごく鳴らしながら飲んでる諸星翔希に、きゅんとしたい(誰だよ)。白のタンクトップに作業用のダボッとしたズボンで頭に真っ白のタオルまいてる諸星翔希に、きゅんとしたい(誰だよ)。日雇いだからその日に現金でバイト代支給されるんだけど、渡された瞬間、毎回のことなのに「あざっすっっ!」って満面の笑みで喜ぶ諸星翔希にバイト仲間や社員さんも、きゅんとしてる()。その汗水垂らして稼いだバイト代は、遠距離恋愛中の彼女の誕生日プレゼントを買うために全額貯金して、一人暮らしの諸星翔希は両親からの仕送りで節約自炊をしていたら、もう結婚したいね。可愛い。諸星翔希って可愛い。←

 

 

萩谷慧悟

我らが自担萩ちゃん。本屋さん、カフェあたりを思いついたんだけど…ここはあえてお寺の拝観受付バイト( 笑 ) あの優しい声がお寺の静かで清らかな雰囲気とマッチしてると思う。あの優しいお顔もお寺の静かで以下省略。拝観料を頂いて、チケットとパンフレットを渡す時も凄く丁寧。あの可愛い手がお上品。拝観する観光客の女性陣を虜にするが、萩ちゃんはそんなこと全然気づかずに黙々と働く。普段は座って受付をしている。だから、観光客から何か質問を受けて立って案内するときにちょっとふらついてたら可愛い。観光客からしたら意外にも背が高くてちょっとドキッしちゃうね。お寺で販売している練り香水なんかを萩ちゃん自身もつけていてほのかに香ったら、マジ死亡。私の場合そこで葬儀が始まる可能性ある。大学生で週3くらい無理のない程度にシフトに入っている堅実な萩ちゃんだから、単位はバッチリ!あああかっこいい可愛い最高!!誰か萩谷慧悟が拝観受付してる寺院紹介して〜(;;)

 

 

 

というわけで、なんかバイトで妄想っていうよりかは、バイトしてるLove-tuneの身の上情報を妄想した感じになりました( 笑 )

Love-tuneって全員の個性が強いから、妄想が楽しいね!また違う設定でやってみたらどうなるかな…時間があったらまたやります!

 

私的趣味が多々入ったくだらない妄想に付き合って頂き、ありがとうございました。

ではまた(ϋ)/