想像ドロップ

憧れは、恋から遠く。

私のジャニヲタスタンスを記録してみた



1年前にめちゃくちゃ流行ったお題を、自分のジャニヲタ的価値観を確認するためにやってみる。振り返り用。1年後どうなってるかな、ヲタ卒できてるといいな。

 

〇基本情報

 

大学1年生 (文系)
専攻は芸術学と社会学

研究室で写真や映画、デザインの実習もする。

そにため、学期末は「実習作品・レポート・テスト」とかなり切羽詰まる。
ジャニ中心の生活ではないと信じている。

地方のド田舎実家住み。

自宅から最寄り駅までは歩いて50分くらい。夏は汗で化粧は意味を成さない。冬は顔面が氷結する。
東京までは、
新幹線で3時間程度、片道10000円強
夜行バスで7時間程度、片道7000円前後
交通費が消えればもっと現場入れるし、ヲタ卒すれば好きなものも買えるので東京住むか、ジャニヲタやめるかしなければと遠征の度に思う。地元の大学選んでしまった以上東京には住めないので、毎日ヲタ卒を目標に生きている。(大嘘)

 

 

〇アルバイト

身バレしそうなので店名などは出さない。


小売店のレジ、品出し

時給は950円。平日週2×3h  土日×4h

大体月45000~55000円。自由な時間も欲しいし勉強もそれなりにしたいので余り稼げてない。常に金欠。

長期休暇は上乗せ20000円程度。

 

他にもマスコミ系のアルバイトを月2程度、予備校でもアルバイトしているが、微々たるお金にしかならずこれは自分の経験値を上げる為のものとしている。

 

 

〇担当

 

萩谷慧悟くん(Love-tune) 

 なんだかんだで結局落ち着く。良くも悪くも安定感抜群。目立って推されたり、目立って干されたりしない。安心安全物件だが、将来性は謎に包まれている。そろそろ考える時期に突入しているのも事実。個人のお仕事欲しいね萩ちゃん、、、

 

推し?好き?

 

藤井直樹くん(東京B少年)

 最近は担当かもしれないと思い始めたが、まだ推しという括りに存在させている。担当になるのも時間の問題。笑顔と表現力抜群のダンスと色んな意味での賢さが魅力。金指くんのエピソードから性格の良さも見えて益々推せる。

髙橋優斗くん(HIH IJet)

 言わずと知れたJrのリア恋枠の一角。私の勝手な萌えシチュ妄想にも何度も登場している。笑い方だけでなく存在が若いJrの中で唯一無二かなと思う。将来性抜群。

重岡大毅くん(ジャニーズWEST)

 良くないギャップの持ち主(失礼)。ちょっと性格悪そうなところがすごい好き(失礼)。顔が可愛い。 なんか本能的に好き。

 

 

(中丸雄一くん(KAT-TUN)は別枠として自分の中で確固たる地位を築いている、いうなれば神担とかいうやつか?(知らんがな))

 

 

〇雑誌を買う基準

月1冊から5冊程度。

毎月購入するのはドル誌ではなく、「装苑」。色々な特集が面白いし、写真の撮り方が好きで欠かさず購入。「装苑男子」という連載企画が毎月の楽しみでもある。イケメンは酸素を全身に運ぶヘモグロビンだと思っている(謎)。ファッション誌は2ヶ月に1冊のペースでViViを買っている。八木アリサちゃんに癒されて英気を養っている。服を買う参考にもなって、読んでいるだけで「いい女」になった気になれる(錯覚)ところがViViの魅力だ。ドル誌は基本的に購入なし。写りが最高値を更新したときと、テキストが面白そうなときは買う。Love-tuneが裏表紙を飾ったときのWUは3冊買ったので価値観が迷子。ドル誌以外にLove-tune(萩谷)、藤井くん、優斗くん、重岡くん、中丸くんが掲載されたときはビジュとテキストで買うか買わないか判断する。ほとんどの雑誌が「買わない」に落ち着く。しかし、最近は藤井くんが載っているとつい購入する悪い癖が発動。誰かに1発叱ってもらいたい。

 

 

 

〇CDを買う基準

萩谷くんの所属するLove-tuneから発売されれば買うが、今のところ他Gにお金を落とす余裕はないので購入しない。 KAT-TUNの充電期間が終わってアルバムが出れば購入すると思う。

 

〇DVDを買う基準

萩谷くんがしっかり写ってるものは買う傾向がある。A.B.C-Zやサマパラ、キスマイ、JUMP、ジャニーズWESTのハローTOKYOなど。見ることはほとんどなく家宝と化している。

SHARKなどの映画やドラマものは買わない。溺れるナイフは買った、、、大友しげちゃんすごいスキ、、、

 

 

〇写真を買う基準

ジャニショの写真に関してはそこまで関心がない……でも売上が本人に直接入ったり評価に繋がったりする(?)ので新しいものが出ると、好みの写りをした萩谷くんを数枚購入。集合も1枚は買う(7人体勢の集合早く出してくれ)。他Gもビジュが良すぎて買わなきゃ後悔する!と思ったら買う。「好き」枠の3人や中丸くん、顔面が銀河の阿部顕嵐くんはついつい手が伸びる。

 

〇グッズを買う基準

 

フォトセは萩谷くんを必ず購入。他Gもビジュが好みだったら買う。

「自担の顔が写ってれば何でも購入!」タイプのヲタクではないのでグッズ代は安く済みがち。Jr祭りは大学受験明け初の現場ということで金銭感覚が狂いフォトセとうちわを大量購入したので、一概には言えないがグッズにはあまり興味がない。(KAT-TUNはグッズがおしゃれなので割とグッズで散財する)(Jrのグッズデザイナーよ、仕事してくれ)

ペンライトはその時の気分で買うか買わないか決まる。(伝説の祭り太鼓は記念に購入し、KAT-TUNのピストルと共に押し入れに眠っている)

 

 

〇現場に行く基準

 

萩谷くんが出演する公演は基本的に申し込む。「何回も行きたい」「良席がいい」という感情はあまりないので「1回くらい入らせて」なスタンス。コンサート系に関しては当たらなかったら身近なところで探してみる。見つからなかったら諦める。交換可能なチケットを所持している時はTwitterで交換先を探してみる。交換だと割とスムーズに見つかる事が多いのでTwitter様さまさま(分かりづらい)である。協力してくれる素敵なフォロワーさんにも恵まれてありがたい。舞台は値段が値段なので何公演も入るのは不可能。交換することも難しいので、外れたら素直に縁がなかったと思うことにしている。

最近はショタや中高生Jr(要するに藤井直樹)にハマりつつあるので現場数が増える予感がする。怖い。手広くやっている掛け持ちジャニヲタさんがどのようにやりくりしているのか教えてほしい。お金が湧き出る井戸でもお持ちなのか?

 

〇遠征する基準

 

日本の真ん中在住の為、東京大阪遠征は定番。Jr担の為、大部分の現場は東京。年5回程東京に行く。交通費がバカにならない。お金はないくせに、年2回はホテルに泊まって観光がしたい部類の人間なので宿泊代もかさんむ。日々、口座残高との格闘をしている。観光と言っても四季折々のジブリの森博物館に行くのがメイン(ディズニーより圧倒的ジブリ派でジブリヲタク名乗れるくらいの知識はあると思っている)。交通手段は、基本的に行きは新幹線or3列シート夜行バスで、帰りは4列シートバスと使い分けている。帰ってくるだけなら多少体がキツくても全然良いや…という貧乏学生なりの妥協点である。夜行バスはWILLERの年会費1080円のプレミアム会員になっているので1席につき300円バス料金が安くなる。年に4回乗れば元が取れるのでこれはお得だと思う。一緒に行く友達の分も割引してもらえるし から嬉しい。新幹線はぷらっとこだまで通常より3000円くらい値段を抑えている。ぷらっとこだま最高。宿泊するホテルはシアタークリエ、EXシアター、TDCおよび東京ドーム、帝劇に関してはほぼ固定されつつある。各会場の最寄り駅から徒歩5分圏内で清潔感があって治安が良いというのが条件。値段は15000円以内。ホテルはケチらないのがポリシーである(安心して休みたいし、値段とサービスは相関関係にあると思っている)。

〇オーラス

オーラスはトリプルアンコがあったりしてうらやましいと思うことはあるが、倍率を警戒して申し込まないことが多い。「1公演だけでも入りたい」スタンスなのでリスクは負いたくない。

 

〇どうしても入りたい日

萩谷くんの誕生日的に限りなく現場が被る確率が低いので特にない。もし被ったとしても倍率高いだろうなって避けそう(9月の帝劇、藤井直樹くんの誕生日(18日)申し込んだのは内緒、もちろん落選)。当たったら喜ぶけどリスク負うことはしないと思う(前述)。デビュー日や結成日にコンサートがあるなら入りたいが、やっぱり倍率が怖い。社会人になってお金を沢山稼ぐようになったら応募してみてもいいかな程度の気持ち。自分の誕生日もJrの現場が無い時期だし、自分の誕生日に入りたいという気持ち自体が皆無。お世話になっている人や好きな人と過ごしたい、誕生日くらい普通の女子したい(黙れ)。

 

〇初日

こだわりなし。初日のチケットが手に入ったら「おお〜ラッキー!」程度の喜び。「1公演だけでも入りたい」スタンスのヲタクなので初日とオーラスは避けてチケットを申し込む。そこためほとんど初日に入ったことがない。レポを見て「自担がどこから出てきて何をしてどうはけていくか」を事前にチェックして一瞬たりとも見逃さず追いたいので初日に対する喜びはあまりない。

 

 

〇映画を見に行く基準

面白そうだったら出演者問わず見に行くが、ジャニーズが出演する映画はあまり見に行くことは無い(溺れるナイフは原作のジョージ朝倉先生、山戸結希監督どちらとものファンだった、そして重岡くんが大友役ってことで受験生のくせに3回見た、アホ)。萩谷くんが映画に出演するのなら見に行くと思う、たぶん。自担が大きいスクリーンに映るのは感慨深い。演技が大根だとしても「ぷぷぷ、うちの子かわええ」って見守るババアしたい。お願いなので事務所の偉い方、萩谷くんにお仕事ください、、、(切実)

 

 

 

以上、わたしのジャニヲタスタンス。

 

 

 

遠征はするけどそれ以外は結構ゆるっとぬるっとヲタクで安心した。お金落としてない!って怒られそうなくらい遠征費以外にお金を使っていない。もっと稼ぎがあれば雑誌とか買えるだろうけど、これくらいが丁度いいはず。

金銭感覚は今のままで、公私ジャニ共に充実させていくために賢くお金を使っていこうと思う。

 

さあ散らかった部屋をなおして、単位のために勉強だ!レポートだ!がんばろう大学生ジャニヲタ!!!